記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ヤセイとボクと、時々、タイツ』






みなさんごきげんよう。







相変わらず箱で負けまくってる、クラブ坊主nessであります。







ここまで即られへんということは、やってはいけないことを全員にやってると思うんですが。未だわからずです^ ^






箱で即れる人みんな凄いです。



Twitter見てたら、あまりにも即報が多すぎて



『自分カスやん』



というマインドになってしまいます








こないだもk箱で野生に話しかけられ、




野「お兄さん調子どうですか?^ ^」



珍「まぁまぁですかね〜^ ^ 」



(たぶん今日も安定の坊主やな)






野「さすがですね〜。k箱って来たらヤれますよねwww」



珍「まあね〜^ ^そういうところだしね〜^ ^」





(おいおい嘘やろw俺は50回以上来て1回もk箱で即れてへんぞwww)









と、野生にマウント取られまいと必死でしたw








あまりにも即れないので、



『k箱はナンパ箱ではなく、音箱』



という結論に至りました。






遠征で来る方はk箱に喰われないように気をつけてください^ ^









そして、今回のブログの内容はk箱ではなくr箱案件の女の子です^ ^




野生と初めてコンビ組んだので、



『初体験』ということで書きました^ ^








では










ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







去年の冬








僕が箱48連敗を脱出して次の週くらい













r箱で坊主だった僕と夜空さんはいつものようにカリーを食べていました。




すると、1通のLINE






女の子『帰った?今2人でおるけど合流せーへん??』






箱で逆3で和んでた子






夜空さん入れて2:2でちょうど良いな






珍「夜空さん、女の子2人合流できますけど、どうします??」




夜「興味ない。」





カリーに夢中の夜空さんは女の子に興味ありませんでしたw




相手2人やし、一瞬帰ろうと思いましたが気まぐれで行くことに







珍LINE『友達帰る言ってるから1人で行くわ^ ^』





女の子『わかったー!じゃあタクシーで迎えに行く!』



珍『待ってるわ〜』










相手2人か、、、













逆3や!!!















女の子が迎えに来る。







車に乗る。








発車














しない。









珍「え?なんで動かんの?笑」





女の子「もう1人オトコ来る(笑)私の友達が呼んだ」





珍「そうなんや^ ^」




















逆3の夢、出鼻でくじかれるw










まぁええわ!



4p、もしくはくるくるや!!!







よっしゃーーーーー!



いったるぞーーー!




コンビ組む男はどんなやつや!!!







男、タクシーIN









おお!!!







爽やかや!!!




いけるぞこれは!!!!







役者は揃った!












【本日の登場人物】




①珍子
・珍座担当
・背が低い
・ノリがいい







②タイツ子
・黒のタイツを履いている
・落ち着いている
・顔が濃い
・僕のめっちゃタイプ
・むしろこの子と話したくて声かけた
・野生担当…







③野生(以下、野(の)【仮名】)

・爽やか
・歳上
・車で2、3時間かけて来ている
・タイツ子とセックスできると思って来た
・キーマン




④クラスタ(以下、珍座【本名】)
・爽やか
・紳士
・4Pを狙っている













野が来たので、みんなで珍子の家に行くことに^ ^





野が自分から話すタイプじゃなかったので僕が話を振る









が、しかし、盛り上がらないwww









タイツ子、ほとんど野と喋らんw







お前が呼んでんから少しは喋れやw








微妙な感じで家に着く。







お会計時




珍子「野さん一番歳上やんな!」



珍「たしかに!たしかに!」



珍子「気前も良さそ〜^ ^」



珍「たしかに!たしかに!」



珍子「もしかして払っちゃう〜???」



珍「それはさすがにないっしょ〜^ ^」



タイツ子「ほんとに〜??」



珍(そこはノってくるんかいw)



野「しょうがないな〜(笑)」







野、歳上ってだけでタクシー代払わせられるw






降りる直前で一番盛り上がる。







よっしゃ!この調子でいけば4pいけるかもしれんぞ!!!




と、思ったのも束の間、





野、タクシー代払ってしょんぼりしてしまう。







あかんあかん!


そんな顔したらあかんって!



この空気はあかんわ。



特にタイツ子、全然楽しめてない。





なにか雰囲気を変えることをしないと。










エレベーター内






珍「なあなあタイツ子、その黒のタイツめっちゃセクシーやんな!



俺めっちゃ黒のタイツ好きやねん!



中学の時、学年で1人だけ黒のタイツ毎日履いてくる子がおってんけど


授業中ずっと見てたわ〜



もっと近くで見ていい?」






ここで僕、しゃがみこんで顔を太ももの横まで持っていき、内ももを触り出す




タイツ子「ちょっと!!!急になに?!?!」



珍「え?好きやから太もも触ったんやん^ ^」



タイツ子「意味不明!!!」








珍子、爆笑












野、
































ひいてるんか知らんけど変な顔してる!w














タイツ子に嫌がられながらもずっと太ももを触りつつ



部屋にIN






僕と珍子はすぐにベッドへ




野とタイツ子は床の布団へ







僕と珍子、ベッドの中でイチャイチャ。




珍「(よし、いい感じや。野は大丈夫か。)」













野とタイツ子、並んで寝ている






2人で布団の中でイチャ…














イチャしてない!!!







全然してない!!!








めっちゃグダられてる!!!!!






タイツ子「もう!!!」





って言って、野に背中向けて寝だした!





これは非常に良くない!





珍「珍子、タイツ子楽しそうじゃないな。



珍子「そうやな〜楽しませてきて!」







珍子から使命を受けた僕




やることは1つ







珍「タイツ子〜^ ^太もも触らせて〜^ ^」



タイツ子「ちょw無理!いや!」



珍「まぁまぁ^ ^」







野 タイツ子 僕





の順番で寝る。僕とタイツ子が向かい合ってる状態。




嫌がりながらも太もも触らしてくれるw






珍「なあ、太ももで俺の顔挟んでくれへん??中学の時からの憧れやねん!黒のタイツで挟まれるの!」




タイツ子「いや」









それを無視し、脚の方に顔を持っていく。






タイツ子「ムリ!挟まんで!」



珍「まぁまぁ^ ^」







脚に顔スリスリする







タイツ子「ちょっとーー!!!w」




珍「(はぁー楽しいなー^ ^)」







その時、チラっと野を見ると



























wwwwwwwwwwwwww












なんやねんその顔wwww










タイツ子「いい加減に太ももやめて!」




珍「ごめんごめん(笑)」





ここで不意にキス



タイツ子「もぅ〜。。。」







あれ???







もう一回キス








タイツ子、目とろんとしてる。







キス普通にするやん!!!









この辺で




珍子「珍座戻っておいで〜」





と呼び戻される。







その後も3、4回




珍子「タイツ子楽しませて来て^ ^」





と言われて、太もも触りにベッドと布団を往復する。





1時間くらい経ち、ベッドの中でイチャイチャしながら寝そうになった時(けっこうな頻度で寝落ちします)、








バターン!!!!!!








と、ドアの閉まる音が聞こえる。




けっこう大きい音だったので眼が覚める。








タイツ子「野、帰った(笑)」










珍、珍子「マジで(笑)」













野、















帰宅(笑)

















珍「じゃあ、










3人でセックスしよか!!!」





タイツ子「絶対いや。」




珍子「しよう!この機会逃したらすることないと思う!それに、さっき2人がイチャイチャしてるの見てめっちゃ興奮した(笑)」




珍「よし、いったん太ももで顔挟んでくれ!」




タイツ子「きゃーーー>_<」




珍子「(爆笑)」





珍子、動画撮り出す。




珍子「珍座が挟まれてまーーす!」



珍「いえーーーい!」



タイツ子「アホすぎ(笑)」














その後、楽しい雰囲気のまま時間が経ち



















逆・3・即!













複数プレイを目指したのは初めてだったので、どういう空気感を作れば良いのか探り探りでしたが、



結果、楽しめて良かったです^ ^




もう一回しようとしても無理ですね^ ^ほんまに運が良かったです^ ^





そして、野さんにも感謝です^ ^



はじめから逆3状態やったら3人でセックスしてなかったかもしれません。



あの後、車停めてる所までタクシーで行き、地方まで運転して帰ったと思うと胸が苦しいですw



タクシー代もありがとうございました(●´ω`●)









ということで、初逆3でした。







〈追記〉





タイツ子と珍子の家を出て一緒に帰ってる途中、なんで野を呼んだのか聞くと




タイツ子「なんとなく」





言ってました(笑)



女の子は気まぐれやなぁと再認識しました^ ^
スポンサーサイト

コメント

初コメ失礼します^ ^

野生のハマーww
ナイスアシストですねwww

黒タイツに挟まれたら逆3即できるの勉強になりました( ̄^ ̄)ゞ

初コメです、
めっちゃ面白かったです!!

LINEでジャガーのスタンプ使ってるんですけど、
見る度に思い出しちゃいますわw

Re: タイトルなし

読んでいただきありがとうございます╰(*´︶`*)╯♡


ジャガー好きで使ってしまいました(笑)

Re: タイトルなし

黒タイツラッキーアイテムでしたw




> 初コメ失礼します^ ^
>
> 野生のハマーww
> ナイスアシストですねwww
>
> 黒タイツに挟まれたら逆3即できるの勉強になりました( ̄^ ̄)ゞ

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。